☆ ようこそ日本万華鏡博物館へ ☆

ようこそ日本万華鏡博物館へ
ようこそ日本万華鏡博物館へ

 はじめまして。ようこそ日本万華鏡博物館へ。

 

 万華鏡は英語でカレイドスコープといいます。語源はギリシャ語で、美を

意味するカロス、形をあらわすエイドス、そして見るのスコープに由来します。

 

 1816年、灯台の光をより遠くへ届かせるための光の研究をしていたスコットラ

ンドの物理学者デビット・ブリュースターが万華鏡を発明しました。万華鏡は、

あっという間に世界中に広がり、日本でも1819年には大阪で見ていたという記述

が残っています。

 そして万華鏡は今から30年ほど前にアメリカでアートとして大変身します。美

しい反射を出す鏡を使って、不思議で美しい映像を持った万華鏡が誕生したのです。

 

 日本万華鏡博物館は万華鏡コレクター・大熊進一の個人博物館です。1998年に開

館して以来多くの方に来館していただいた渋谷・鶯谷町から、2012年9月,川口・幸

町に移転し、リニューアル・オープンしました。

 日本万華鏡博物館では、オリジナル・キットによる万華鏡の手作りができます。

館長のコレクションした約2400本の万華鏡をご覧いただきながら、万華鏡の仕組み

や歴史を知ることができます。

 

 小さな博物館なので、予約優先制になっています。

 

 どうぞ、新しくなった日本万華鏡博物館で万華鏡の美しい世界と楽しい手作りを

お楽しみ下さい。

 

万華鏡博物館の入り口にあるリンゴの木。姫リンゴの木ですが、只今リンゴの花が満開です。

 

iPadで万華鏡的花模様。胡蝶蘭はいただきもの。そして川口西口公園で満開のしだれ桜を。

☆ なお、当サイトの記事および写真等の無断転載はご遠慮ください。